一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 ども教務部長の有賀です。
3年生にとっては運命の一ヶ月に突入しました。
大丈夫です!君たちならできる。「俺はできる!」「俺はやるべきことをやった!」と念じて下さい。

さて教員紹介第12弾ってことで、リクエストもあったこの方です。

三浦照幸(みうら・てるゆき)先生です。本校の柔道担当、そして柔道部の監督です。
リクエストで三浦先生の生い立ちからとありましたが、すまん、それは勘弁してもらって、超簡単に知ってる範囲で。日体大を卒業して、我校に来る前は立教志木高校の教頭先生をしておりました。もちろんその他に柔道界の仕事はもちろんですが、その他にどうもいろんなところに顔が効きます。

◎立教高校のエピソード
 あの読売巨人軍の長嶋終身名誉監督のご子息、長嶋一茂を殴った(らしい)。
 おぼっちゃまである長嶋一茂、立教高校では生意気だった(らしい)。そんな一茂氏を殴った最初で最後の男!(らしい)。ですから今でも長嶋家とお付き合いがあり、よく携帯で「おぅ!一茂ぇ」と呼んでおります。

◎柔道界のエピソード
 これは数々あって、私が知っているのはほんの氷山の一角と思われます。まぁみなさんご存じのところは「柔チャン」の東京のおとうさんってことで新聞でも紹介されましたし、先の引退会見では、谷亮子、小沢さんと並んでひな壇に座って会見をしていました。

◎その他業界のエピソード
 モーニング娘(初期)と交流があり、私は全員のサインとアヤヤの個人サインをもらいました。

◎本校のエピソード
 初森先生の紹介のところで書きましたが、本校の名物行事のホノルル研修は、私が走る!っと思い立ったのがきっかけでした。しかし海外になれない私と初森先生、そんな二人をフォローしてくれたのは三浦先生です。三浦先生の華麗な人脈はハワイにも及び、ホノルル研修の草創期は三浦先生のお陰と言っても過言ではありませんでした。


三浦先生。とかく怖いとの印象があるかと思います、そうです、この人は怖いんです。でも私が言うのもなんですが、一本も二本も芯が通ってます。そして立教で教頭をやった方なので、教育のプロです。いつも私にいろいろなアドバイスをしてくれます。そしていつも現場に理解をしてくれます。時には私が孤独感、孤立感にさいなまれる時、理解をしてくれて励ましてくれます。
現場に立つ姿勢も見習うところがあります。柔道場に立つ時は柔道着を着る!それが柔道家であり、柔道指導者であると常日頃言ってます。それが学生に伝わるんだぁ!まずはこちらが見本を示すんだぁ!とおっしゃります。まったくその通りだと思います。

あの時君は若かったシリーズは今回なしです。若い写真が無い!のでちょっと怒った(三浦先生らしい?)写真で締めます。

携帯電話大好きな三浦先生、
私の嫌いなジャイアンツが大好きな三浦先生、
私が好きなサッカーにあまり興味がない三浦先生、
学生を叱るけど、決して怒っていない三浦先生、
もう喜寿を超えたけど、パワフルな三浦先生、
誰よりも学生を、東京柔専を愛してくれているミューラー、
100歳まで柔道着を着て、「おらぁ〜なにやってんだぁ!?」と叫んで下さい。

  • -
  • 19:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM